月別アーカイブ: 2018年11月

カーテンのお手入れ方法

カーテンのお手入れ方法の紹介です。カーテンの汚れの殆どが、部屋の内外のほこりや手垢、そしてタバコの煙などによるものです。なので、出来たら、日ごろの掃除の時にはたきをかけて、ほこりなどを落す様にしましょう。ですが、手垢やタバコの煙が付いた様な臭い系は、洗濯でないと落ちませんので、その場合は、洗濯表示にしたがって行い、きちんと洗濯ネットに入れて行いましょう。たまに、洗濯をしてあげると、汚れが落ちるだけでなく、ホコリなども落ちますので、衛生的です。


カーテンの洗濯はしてますか?
カーテン、洗ってますか? 人目を遮ってくれたり、暑さ寒さを抑えてくれたり、部屋の雰囲気を変える役を担ってくれたり、たまに子どものかくれんぼの隠れ場所になって巻き付かれたりと、
我が家のカーテンは大活躍をしています。 リビングなので高さ250センチと大きく、洗濯をためらってたのですが、雑誌のコラムで「洗濯機でできないときは風呂の湯船で踏み洗いする」
「干すときは、天気で風通しが良い日に、洗濯機や物干しざおで軽く脱水した後、窓を開けて、カーテンをいつもの位置にかけて干す」と書いてるのを見ました。
実行してみましたが、意外と簡単で、アイロンなどの手間をかけずに、しわも作らずにきれいに乾かすことができました。
クリーニングするよりずっと経済的です。 日頃大活躍してるカーテンにご褒美してあげられました。

カーテンを選ぶときのポイント

かわいくておしゃれで、好きな色のカーテンが欲しいと思う人は多いと思いますし、自分好みのカーテンをつけたい気持ちは誰にでもありますが、カーテンを選ぶときは、まず最優先に機能を考えるべきです。カーテンを付けるのは、太陽の光や熱などの暑さ対策と、外から中が見えないようにするという役割があります。それも、昼だけでなく、夜起きている人なら、夜も見えないようにしなければなりません。カーテンには、遮光性の高いものや、保温性、断熱性に優れたものがありますので、まずそちらから決めると良いでしょう。

インテリアとしてのカーテン

カーテンは外からの目隠しや遮光の役割を果たすだけではなく、そのものだけで部屋のイメージが変わったりインテリアでもあります。私の自宅を建てる時に悩んだのが、インテリアとして部屋をすっきり見せるためにロールカーテンやブラインドにするかということで、最近では良く使われておりインテリアとしてはおしゃれですが、掃除や洗濯がしにくいのが難点な事と、値段が効果な事でした。いろいろ悩んだ末に1階はロールカーテンですっきりと、2階はドレープカーテンで落ち着いた感じに、 はじめは遮光性、遮熱性もあるブラインド等も検討していましたが、金額が高額のために諦めました。あのブラインドが予算内であれば間違いなくそちらを購入したと思います。2階は子供部屋もありますので安価で交換のきくドレープタイプにしました。

カーテンによる火災発生防止

住宅等でカーテンに火が燃え移ってあっという間に家全体に火が広がることがありますが、これはカーテンの端の部分がコンセントの差込口に接することで火花が散り、燃え移ることがあるためです。こうした問題を避けるために、いくつか方法があります。まずは不燃性のカーテンにすることです。また、カーテンをコンセントなどの差込口に接しないように工夫することも挙げられます。 コンセントの差込口に埃を貯めないように掃除をするのも有効で、こうした対応で住宅に火が広がることを防ぐことができます。

カーテンは通販で購入可能です

沢山種類があるカーテンを購入するなら通信販売サービスが便利です。通信販売サービスなら、欲しい商品を注文すれば自宅まで届けて貰う事が出来るので、外出等をして手間をかける必要が無くなります。通信販売サービスは、販売している商品の種類が多いという利点もあります。沢山あるカーテンの中から、好みのカーテンを見つけて頂けます。お店と同じように商品を見るだけなら無料なので、この機会にアクセスをして商品をチェックしてみてください。

カーテンの種類の多様性について

カーテンは外から部屋の中が見えないように作られましたが、現在はたくさんの用途に合わせたカーテンがあります。外からの光を遮断し快適な睡眠を保つための遮光のものや、部屋の暖気を逃がさないために工夫された断熱のもの、また近隣の騒音を通しにくくする防音のものまであります。 用途に合わせたものだけではなく、カーテンが燃えにくい素材や汚れにくい素材でできているなど カーテンそのものに特別な機能を持たせたものも最近では主流になってきています。

カーテンを久しぶりに洗濯

自宅のカーテンは3年程前に購入したもので一度も洗濯した事がないんです。汚れが目立つ色味のカーテンでは無いのですが、ある日気が向いたので一度コインランドリーで洗濯する事にしたんです。すると回っているカーテンを見てびっくりしたんです。水が茶色く濁ってまるで泥水の様な汚れがカーテンと一緒に回っているんです 今まで余り汚れていないと思って放置していましたが、これからはカーテンもまめに洗濯をしようと思います。

遮光カーテンのメリットについて

遮光カーテンは、普通のカーテンと違い太陽の光を遮ってくれますが、紫外線もカットしてくれます。遮光率という言葉がありますが、遮光率が上がれば上がるほど、カットする紫外線が増えてきます。最近の日本の気温や紫外線は、土地によっては軽視できないような状況になっています。

カーテンの厚さで多少暗くなることはあるものの、紫外線から皮膚を守るという意味では、日差しが強い部屋には遮光カーテンを付けておく方が良いです。

オーダーカーテンについて

オーダーカーテンは生地から自分の好きなように注文することができるカーテンです。
好きな生地や柄を選んで、自分好みのデザインにできることが大きな利点です。
デザインを選べるだけではなく、窓の大きさに合わせて作ることができるのも利点のうちの一つです。
小さい窓や出窓や壁一面の窓など、既製品ではサイズが合いづらい窓に対しても オーダーカーテンならぴったり合うものができます。
さらにひだの数を自分で決められることにより、自分好みのお洒落を楽しむことができます。

遮光カーテンについて

遮光カーテンは通常のカーテンより外の光を遮断してくれるカーテンです。
場所としては主に東向きと西向きの部屋で使われています。
これは昼間の日光がが入るため、まぶしさを防いだり、紫外線を防ぐために使われています。
また、暗さを保ちながら睡眠を取りたい方や、暗くなることを利用してホームシアターを使用するために遮光カーテンが使われています。
遮光カーテンは光を遮るだけではなく、断熱性があることも特徴で、通常のカーテンより生地が厚めでしっかりしているため、部屋の暖気を逃がしにくいです。