カーテン」カテゴリーアーカイブ

カーテン

インテリアにおけるカーテンの重要性

カーテンは、インテリアにおいて室内の印象を決定づける重要なアイテムです。
アジアンテイストのものやヨーロッパテイストのものなど、様々な種類のものが多数販売されています。
素材によっては、クリーニングも自宅で行うことが可能です。
カーテンの色や柄によって、部屋で過ごすときの気分や体感温度などに違いがでます。
季節ごとにカーテンを変更することで、一年中フレッシュな気持ちで過ごすことが出来ます。
近年では、インターネットなどを使用することで、簡単にお洒落なカーテンを入手することが可能です。

カーテンを洗ったことはありますか

皆さんはカーテンを洗ったことがあるでしょうか?
私は結婚をして引越しをしてから3年ほどになりますが、カーテンは洗うものではないと思い込んでおり、一度も洗ったことはありませんでした。
ですが、先日、カーテンは窓に近いものなので見た目以上に汚れている、という内容のコーナーをテレビで見る機会があり、その汚れっぷりに驚いてしまいました。
早速我が家でも洗ってみると、ワントーン明るくなり、内側の白いレースのカーテンは真っ白になり、とても清々しい気分になりました。
洗った後は元のカーテンレールに吊り下げ、自然乾燥させると楽チンです。
洗濯表示にもよりますが、洗濯機で簡単に洗うことが出来、干す場所も元々かかっていたところに戻すだけなので、そこまで手間がかからず、簡単にお部屋がスッキリするので、
皆様も是非やってみてください。

カーテン購入について

カーテン購入する際には、インターネットやカタログから機能性や費用、仕様内容などについて事前に確認しておくことが大切です。
遮光機能や防水機能、防炎機能など使用する場所によって機能性のカーテンを選定することが求められます。
アウトレット商品のカーテンも存在します。
ギフト用のカーテンもあるので、贈り物として選定することもできます。
カーテンとレースを一緒に購入すると安価に購入することができるので、組み合わせることが必要です。インターネットで購入することができます

カーテンは季節に合わせて交換します

カーテンは、いろいろなデザインや色があり、その選択次第で、部屋の雰囲気が全く違ったものになります。
うちのリビングのカーテンは大きくて、250センチの高さで特注のため、オンリーワンなのですが、他の部屋は比較的手ごろなサイズの窓ばかりなので、4種類くらい用意して、季節に応じて変えることにしています。
そのタイミングで、洗濯もできるので清潔な部屋にできていると思います。
今は、通販でも、ホームセンターでも多種多様なサイズ・デザインのカーテンが、リーズナブルな値段で売っているので、気軽に購入できて、選ぶのも楽しいです。
子供が大きくなったら、子どもが好みのカーテンを選ぶようになると思いますが、それも楽しみの一つです。

カーテンで部屋の雰囲気をかえてみました

家の模様替えをしようと思っていても、壁紙や家具をかえるのはお金もかかるし大変です。そこで、カーテンだけでも替えてみることにしました。いままでは、カーテンにお金をかけずに安いものばかりを買っていたのですが、今回は、部屋の模様替えを兼ねているので、値段は少し高かったのですが、高級感の感じられるカーテンを選びました。カーテンを部屋にかけたら、部屋全体が明るく、高級感のある雰囲気に変わりました。私も夫も大満足で、カーテンだけでこんなにも部屋の雰囲気が変わるとは思っていなかったので、ちょっと驚いています。

カーテンのお手入れ方法

カーテンのお手入れ方法の紹介です。カーテンの汚れの殆どが、部屋の内外のほこりや手垢、そしてタバコの煙などによるものです。なので、出来たら、日ごろの掃除の時にはたきをかけて、ほこりなどを落す様にしましょう。ですが、手垢やタバコの煙が付いた様な臭い系は、洗濯でないと落ちませんので、その場合は、洗濯表示にしたがって行い、きちんと洗濯ネットに入れて行いましょう。たまに、洗濯をしてあげると、汚れが落ちるだけでなく、ホコリなども落ちますので、衛生的です。


カーテンの洗濯はしてますか?
カーテン、洗ってますか? 人目を遮ってくれたり、暑さ寒さを抑えてくれたり、部屋の雰囲気を変える役を担ってくれたり、たまに子どものかくれんぼの隠れ場所になって巻き付かれたりと、
我が家のカーテンは大活躍をしています。 リビングなので高さ250センチと大きく、洗濯をためらってたのですが、雑誌のコラムで「洗濯機でできないときは風呂の湯船で踏み洗いする」
「干すときは、天気で風通しが良い日に、洗濯機や物干しざおで軽く脱水した後、窓を開けて、カーテンをいつもの位置にかけて干す」と書いてるのを見ました。
実行してみましたが、意外と簡単で、アイロンなどの手間をかけずに、しわも作らずにきれいに乾かすことができました。
クリーニングするよりずっと経済的です。 日頃大活躍してるカーテンにご褒美してあげられました。

カーテンを選ぶときのポイント

かわいくておしゃれで、好きな色のカーテンが欲しいと思う人は多いと思いますし、自分好みのカーテンをつけたい気持ちは誰にでもありますが、カーテンを選ぶときは、まず最優先に機能を考えるべきです。カーテンを付けるのは、太陽の光や熱などの暑さ対策と、外から中が見えないようにするという役割があります。それも、昼だけでなく、夜起きている人なら、夜も見えないようにしなければなりません。カーテンには、遮光性の高いものや、保温性、断熱性に優れたものがありますので、まずそちらから決めると良いでしょう。

インテリアとしてのカーテン

カーテンは外からの目隠しや遮光の役割を果たすだけではなく、そのものだけで部屋のイメージが変わったりインテリアでもあります。私の自宅を建てる時に悩んだのが、インテリアとして部屋をすっきり見せるためにロールカーテンやブラインドにするかということで、最近では良く使われておりインテリアとしてはおしゃれですが、掃除や洗濯がしにくいのが難点な事と、値段が効果な事でした。いろいろ悩んだ末に1階はロールカーテンですっきりと、2階はドレープカーテンで落ち着いた感じに、 はじめは遮光性、遮熱性もあるブラインド等も検討していましたが、金額が高額のために諦めました。あのブラインドが予算内であれば間違いなくそちらを購入したと思います。2階は子供部屋もありますので安価で交換のきくドレープタイプにしました。

カーテンによる火災発生防止

住宅等でカーテンに火が燃え移ってあっという間に家全体に火が広がることがありますが、これはカーテンの端の部分がコンセントの差込口に接することで火花が散り、燃え移ることがあるためです。こうした問題を避けるために、いくつか方法があります。まずは不燃性のカーテンにすることです。また、カーテンをコンセントなどの差込口に接しないように工夫することも挙げられます。 コンセントの差込口に埃を貯めないように掃除をするのも有効で、こうした対応で住宅に火が広がることを防ぐことができます。

カーテンは通販で購入可能です

沢山種類があるカーテンを購入するなら通信販売サービスが便利です。通信販売サービスなら、欲しい商品を注文すれば自宅まで届けて貰う事が出来るので、外出等をして手間をかける必要が無くなります。通信販売サービスは、販売している商品の種類が多いという利点もあります。沢山あるカーテンの中から、好みのカーテンを見つけて頂けます。お店と同じように商品を見るだけなら無料なので、この機会にアクセスをして商品をチェックしてみてください。